清らかな嘘

この記事の所要時間: 0 43

口紅のシャトルが銃の弾の形をしているという意味を最初に考えたのはいつだろう。

弾丸を火の中に投げ込むと爆発するらしいと聞いて、だとするならば口紅を火の中に入れても爆発するに違いないと信じた。

試したことはないが今でもなんとなく、そうに違いないと思っている。

コロンは毒。毒の霧を身体にまぶし嘘をまとう。きっと毒は嘘と相性が良いに違いないし、混ざることによって得体の知れない艶を生み出すであろうこともなんとなくわかっている。

なんの根拠もない、そんな風な憶測をどれくらい長い間してきたのかなど忘れた。ずっと前からしてきた気もするし結局は大人になってから考えるようになった気もする。

自らは毒に染まらずに化粧ができる。女とはなんと清らかなのだろう。

テキストに化粧をしてみたら、なんだかできの悪いグラムロックみたいだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)