世の中にはカースト制が確実に存在してる。しかもそのカーストは地域、仕事、その他もろもろの特色という形で固まっている。サブカル、アンダーグラウンドだってカーストの一つだ。カルチャーは収入に応じたカーストが最もできやすいものだと思う。
 世に言う中流階級の人は自分自身で中流階級になったわけではなく、先人の努力で成り立っているケースがほとんどだと思う。だからこそ十分な教育ないしは金銭感覚を身につけている。それでいいと思う。世の中にはお金は死ぬときには全部国に返して、子供達は自力で戦えばいいとおっしゃる成功者の方々がいる。そんな奴らはおめえは感謝がなさすぎんだってハッとばしたい。そんなことを言っているその人達こそ親からなにがしかの恩恵を受けてるのである。感謝が足りない。世の中には早く親御さんを亡くされたりしてそのようなものを享受されていない人がいる、本当に貧乏でそのような感覚を身につけることを社会人になってからされた人だっている。そんな人たちが大人になって自分の子供にはそんな思いをさせたくないと願ったり、子供に幾許かのお金を残したいと思うことって当然じゃないだろうか。遊んで暮らせではない、死んだ後の未来に何かが残ってくれるよう願うだけだ。
 クズからはクズしか生まれないとかいう奴がいる。んなわけねーだろ。教育と環境以外の何もんでもねーわ。でも幼少期に性格って結構固まっちゃうから後から直そうとかきついんだよ。
 恵まれている人達が恵まれていることに自覚がないような発言をしているのを見ると仕方ないなと思いつつなんだか残念だなとつい思ってしまう。

 そんなことを思えるくらいだから俺は相当恵まれているなぁ。