夜の最も深い時間は自分に捧げたほうがいい。
心を掘り下げ書くべきかどうか考えるだなんてしなくていい。
書いている文字が見える灯と、とりとめもない思惟さえあれば他に何もなくていい。
あなたが書いたテキストが人の心を打ち、次の意識を生み出して言葉の遺伝子になりうる事実。
それだけでいい、そのままでいい。
ウヰスキーを口にしながら静かに深く心を沈め何かを書くのがいいかもしれない。

#詩 #散文詩