英語は物事についてはっきりという言語だという人がいる。だから外国人にははっきり言わないと通じないという人もいる。これを聞くと日本人はストレートな表現をしない、大人しいと言うイメージを持たれる人もいるかもしれないが自分からしたら大嘘である。
 誤解を恐れずに言えば日本語は完成しすぎているのだと思う。日本語は文字数が多い、単語が多い、造語が多い。そのせいで事細かく状況を伝えたり気持ちを伝えることができる。ところが英語の場合は元々の言葉数が少ないため一つの言葉が多数の意味を持つケースが非常に多い。結果、内容から聞き手がどのケースなのかを判断したり想像しないといけない。彼らはそれを普段から行っているので想像の仕方や方法が色々と確立されており意思疎通の補助をしているように見える。実際生活しているなかで英語は日本語よりも類推が必要な言語だと思うことがとても多い。
 そういったことは仕事にも現れていて、極論でいうと自分がやるか、他人がやるかの役割分担が肝になる。自分でやることを主張するのか相手に委ねるのかそれだけ決まればなんとかなる。日本人からしてみるとこれが厳しいように見えてハッキリした言語だと言いたくなるのかもしれない。相手に任せる、もしくは自分がやると宣言するわけだからそう見えてしまうのではないかと思う。しかし実際はゆるい言語、言ってみればいい加減な言葉を使う人たちなので自分にも他人にもおおらかである。仕事のメールでこの英語のメールの意味はどっち?と聞いたときに現地の人間でもわからないケースがしばしばある。二通りの受け取り方がとれるメールで受け止め方によっては意味が正反対になってしまうことも少なくない。けれどそのような曖昧な表現のメールはそもそもあまり重要ではないのだ。そんなメールが存在すること自体自分にとってはカルチャーショックだった。そんな時は会ったときにあれなんだった?と聞けば良いのだ。あーそうだったのかということでさえネタになるし会話が止まることを抑制する役割を持ったりする。発想の転換も甚だしいものである。
 ゆるい言語環境では時間にルーズになるのも面白い。バスとか電車だけの問題ではなく国民性がもうルーズなのだ。パーティーに主催者が遅れてくることもしばしば。日本人が時間を守る民族だと言われるのは日本語がきっちりした言語だからだと思う。
 こちらに来て自分の中にある日本人は思ったよりも手強くて、時にこっちのルールに翻弄されたり怒りを覚えてしまうことがある。でも逆に日本人の良さを良い形でミックスできれば少なくとも誰かに必要とされる人間ではいられるんじゃないかなとちょっと希望も感じている。
 いい加減が良い加減というのはあながち間違えていないのかもしれない。