– – – – – – – – – – ここから – – – – – – – – – –

オレオコテルヨ。
と言うと何故ですか自分が原因ですか、などと疑心暗鬼になって聞いてくる人が沢山いる。

という状況だったとする。すると自分が怒っていることを言いづらくなる。まったく馬鹿げたことだなと思う。本当は怒っているくせに怒っていると言えなくなるのである。
それこそ本末転倒ではないか。

じゃぁ言うとしよう、怒っていると。
そうなると今度は説明が必要になるかもしれない。
最近テレビを買い替えたのですがもうちょっと大きいのが欲しいと思いました。でも金員が足り無かったのです。つきましては100万円位あればもう一つ今度は60インチの物が買えると思いますのでどなたか私めの口座にお振り込みいただけませんかこの野郎。そしたら喜んで日本製品の購入に貢献してやろうじゃねぇかと存じます。
敬具

そこまで話してやっと「なんだそうか、相変わらずふざけた奴だ、あっちへいけ」などと納得されるだろう。まったくの冗談だと粗忽な人は思うに違いない。しかしこれがちっとも冗談では無い。
ーーもっと大きいテレビを買いたいだけなのに何故怒る必要があるのか。
自分が不幸だと思うからである。あぁ、俺って不幸。そう考えたら怒りたくもなるではないか。
そんな人がわんさかいるのだ。ムカデかダンゴムシのようにゴロゴロ居るのだ。そして悲しいことに自分もそのうちの一人だ。

ここに宣言だけしておこうかなと思う。
俺はいつも怒っている。
誰が不幸だろうが幸福だろうが何時も怒っている。
神にすら怒っている。

だから仮に俺が怒っているとか言い出しても自分が原因なのかもしれないとか勝手に想像するのを止めて欲しい。面倒くさいし余計に腹が立つ。
理解していただけただろうか。

それでね、俺はね、
今ちょっとだけ怒っているのだけれどね。

– – – – – – – – – –  ここまで – – – – – – – – – –

怒りたいときのメールテンプレートはこれくらいでどうだろう。

#MVN