狐祭り

この記事の所要時間: 1 33

夏祭りの社。

橙色の提灯の明かりがボンヤリと屋台道を照らしている。
ふと見ると狐の面がこっちを見ていた。
少し神経質そうな後ろ姿をした男が立ち止まる素振りもなく歩いている。
そんな男の後ろをちょっと離れて付いて行く南天柄の白い浴衣の女。
狐の面は女の後ろ手にひょいと乗ってこちらを見ていた。

突然女は男の浴衣の袖を引っ張り足を止めさせる。
大正眼鏡を掛けたとても気難しそうな男の横顔が見えた。
どうやら女に林檎飴をねだられたらしい。
渋々という言葉はこんな時のためにあるかのように男は懐から財布を取り出すと、林檎飴を女のために買った。

女は無邪気に喜んで林檎飴を受け取るとペロリとそれを舐めた。
白い浴衣に南天の赤が映える。赤い林檎飴は屋台の明かりで光っている。狐面の赤い隈取が更に鮮やかさを増した気がした。

男が何やら店番と話している間に女がこちらの視線に気付いてしまった。
びっくりするほど白い綺麗な顔の上で赤い口紅がニッコリと笑う。
なんだろうこの違和感は。目を逸らせたいのに逸らすことが出来ない。

男は話が済んだらしくまた歩き出した。
女は林檎飴を持った手でひらひらとこちらに手を振るとぴょんぴょんと跳ねるように男の後をついて行ってしまった。
なにかに化かされたように取り残された自分にふっと意識が戻ってくる。
夏祭りに浮かぶ白い浴衣。南天、口紅、林檎飴。
赤と白のなんだかクラクラする意識の中で一つのことだけがはっきりと浮かんだ。

あの男は喰われるのだ。
浮かんだ言葉の恐ろしさに「ヒェッ」と声が出そうになるのを堪えると遠くを行く狐の面がニコリと笑った気がした。

祭りが盛り上がってきているのだろう。
大きくなるお囃子の音だけがたった今起きた不思議な出来事を掻き消そうとしていた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)