5日9月

この記事の所要時間: 0 31

晴れ渡る空。青い雲。と部屋から外を見ると土砂降りの雨だった。
ここ数日ショートショートなるものを書いていたのだけれどてんでショートショートらしくない物ばかり。そのうちひとつくらい書けるだろうと思っていたがやっと書けた。

あたらしいビジネスモデル


最近文章とはなんたらなんていうのをたまに見かけるのだけれど自分が好きな文章は自分が一番良く書ける。という文言にお目にかからない。人のために物を書いている人が存外多いのかもしれない。
最近またバナナを食べだした。熟れたバナナよりも少し青いバナナの方が旨いと感じる。

3日9月

この記事の所要時間: 0 15

紫陽花という花について興味が湧いたので調べてみた。種ができないように品種改良されてしまった花だというのだ。

なるほど可愛そうな花だなと思った。

最後の欄に誕生花という欄があり、自分の誕生花だったということを知る。

書いたもの:夏の徒花

 

日記

この記事の所要時間: 0 26

日記を書いていて思うことは本当に良かったと思うことも本当にひどかったと思うことも自分には書けないということだ。けれどそれは決して忘れることなく記憶に残ることがわかっているので焦ることがない。世界は不条理で納得が行かないことや思い通りにならないことで溢れている。誰にも平等とは言えない不公平な世界だ。けれどそれを認めて生きていく中でやっぱりこの世界が好きだという側面があることを忘れてはならないなと思った。適度に享楽主義者でいたいと思う。

土曜日の装丁

この記事の所要時間: 0 43

土曜日の装丁はシンプルだ。

金曜日の夜の心地よい時間の残像。あと一日しか無い休日の夜という感覚。

日曜日の夜はもう月曜日なんだということに気が付いたのはいつだったのだろう。

ちょっといいニュースが舞い込んできたり、ちょっと悪いニュースが舞い込んできたり。

いつもとちょっと違うように受け止めているのはきっと今日が土曜日だからだろう。

頭の半分は眠っている。たまにはいいよと思いながら気がつくと夜になっている。

半分眠っているから早く時が過ぎるんだろうなと思いながらビールをグラスに入れる。

暗すぎてもだめ、明るすぎてもだめ。いつもよりわがままな自分のリクエストにあう曲が見つからない。

あぱんだを聴く。

 

木曜日をきようびと読んだことがある

この記事の所要時間: 0 14

生きている中で足りないものはいつもある。見ないふりをしていたり諦めていたり。手に入ってから自分にはこれが足りなかったのだなと気が付いて満足できる人生のほうが幸せだなと思った。明日は金曜日らしい。金曜日はかねようびと読んでも良さそうな気がする。

週末月曜日

この記事の所要時間: 0 23

今日は何やら縁があってWeekEndばっかりの一日だった。

朝車のラジオからウィークエンドのコールアウトマイネームが流れてきて月曜日の朝からエロ過ぎる。オーストラリア人はやはり馬鹿なのだろうかと思う一日のスタート。ザゼンボーイズのWeekEndがプレイリストから流れた日にはもう週末だなこれはと思うしかなかった。

あと四日も経てば週末となる。今週は、ふひひ、ふひひと過ごしていきたいなと思う。

日曜日

この記事の所要時間: 0 6

信じられないことに明日は来る。こんなに酒はうまいのにおかしい。少し話を考えたりする時間ができた。よきかなよきかな。

土曜日

この記事の所要時間: 0 15

今日はなんだか良い一日だった。 昨日のことも書きたいのだけれどテキスト狂いの妄想なのでなんとも言えない。 こうやって頭の中から色々な記憶がこぼれ落ちていく。それでいいと思う。

Mediumで少し書き始めた。新しい事を始めるのは大変なこともあるが楽しい。

この記事の所要時間: 0 16

雨のち雨。早朝に起きてふと自分にとってのインターネットとは何かと考えた。

明確に答えは出たのだけれど説明するのは難しい。答えが出たということだけ忘れないでいられたらいいと思う。

たまに日記を書こう。書きたいことを書きたいように書ける場所を見つけようと思った。