Ginzasur.com

読みたいものが無いから書くだけ

Category

text

エッセイ

霞の中で

毎週水曜日にはなにかを書こう。そんな新年の誓いを立ててからあっという間に二週間が… Continue Reading →


この記事の所要時間: 123

眠れぬ夜は

眠気はあるくせに、なかなか寝付けず途方に暮れてしまうことがある。丁度昨日がそんな… Continue Reading →


この記事の所要時間: 315

すさんだ年始のご挨拶

気がつくと2019年が明けてしまっているようだ。うっかりしていたら一週間も過ぎて… Continue Reading →


この記事の所要時間: 126

ジミヘンはわりと派手

エッセイというものは好き勝手に散らかして良い、大いに散らかしちまいな。とばあちゃんが言っていたのでそうしようと思う。 カルロスゴーンなんていうボクシング漫画と除夜の鐘が合わさったみたいな名前の人…


この記事の所要時間: 241

年末戦線異常無し

儚という漢字は人の夢と書く。などと戯けたことをいう人がいる。 そもそも落とし所をそれっぽく虚しいところに置こうとする姿勢が余程の根暗か一種の理想主義の塊のような気がする。たいして興味のない言葉に…


この記事の所要時間: 26

電子の海

疲れた獣みたいに舌を出して歩いている。雑踏の中で皆同じように歩いている。こんなに自分は傷ついているんですよと手に心臓を掲げながら。優しい声を聞くことのできなくなった耳を下に向けながら。 「そんな…


この記事の所要時間: 053

27日10月

メールボックスから昔のビジネスホテルの領収書メールが出てきたんだけどなんとも言え… Continue Reading →


この記事の所要時間: 023

琥珀色の向こう側

やっと季節が交配を始めたように思う。ここ数年毎年が異常だと思えるけれど今年は特に酷かった気がする。きっと来年も同じようなことを思うのかもしれない。 季節が混ざり合ってだんだん透き通った季節に変わ…


この記事の所要時間: 116

世界ノ終わり

寂びれた海沿いの街。 まだ夕焼けまでには時間があるというのに、並ぶ家々の台所の煙突から煙が出ている。 油にまみれた換気扇からつながっているそれは直径20センチほどのスチール製で、昔はどこを歩いて…


この記事の所要時間: 15

バーのカウンターで言葉が出ない

服を脱がすことよりも指輪を外すことのほうが難しい。 そんなことを言ったら妙に神妙… Continue Reading →


この記事の所要時間: 038

© 2019 Ginzasur.com — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑