Ginzasur.com

駄文と呼ぶにも無駄過ぎる

Month

9月 2016

むかしロボット

226文字

洗濯ばさみでロボットを作ったときがありました。 洗濯ばさみのロボットで遊んだことがありました。 顔は自分で考えて、ミサイルだけが打てました。 洗濯ばさみのロボットは怪獣よりも強くって 洗濯ばさみ…

誕生日

887文字

 九月六日、誕生日だから俺のためになんか書いてくれと友人が言い出した。いつも何か… Continue Reading →

猫の王

343文字

俺の飼い主は少しおかしい。 餌を持ってくるのがいつも遅い。 俺が寝ているのに触っ… Continue Reading →

イナバタラレバ

1809文字

 ハロー皆さんこんにちは。お前だぁれ?って、まぁウサギなんですけどね。正直かった… Continue Reading →

ケルベロス

858文字

 やぁやぁ、こんにちは。一つだけ聞いてみたいのだけれど一体全体何故お前は俺の胸に… Continue Reading →

ケルベロス

841文字

やぁやぁ、こんにちは。一つだけ聞いてみたいのだけれど一体全体何故お前は俺の胸に巣食うのか。固形でもないくせにまるで癒着でもしているかのように胸の中央にガッチリと居座るのか。俺はお前が誰しも内に秘…

蟹は手強い

1086文字

然し蟹という奴は一体何者なのであろうか。全身を装甲で固め、武器を装備した其の姿。 どう見たって「食べないで下さい。どうか私だけは食べないで下さい」と言っている様にしか見えないではないか。人類史上…

誕生日

850文字

九月六日、誕生日だから俺のためになんか書いてくれと友人が言い出した。いつも何かしら書いたりしているのだからそれ程無茶な願いでも無い気もするし、いや結構無茶だろうと思う自分もいる。だって我こそはキ…

群像七十週年過呼吸

928文字

わはは。 とても気分が良いのでどうでも良くて、どうでも良くないことを書いてみるのである。 『Gunzo』一瞬ここにいる『Ginza』とかいう不届きな奴に読み間違えてしまうかも知れないが『群像』で…

からうそ ─ 空嘘

660文字

粉の匂いのするおしろいを塗って眉を引いて紅をさす。 襖から顔を覗かせた僕の姿は鏡台に座る姉からは見えているはずだ。それでも表情を崩すことなく、黙々と化粧を施していく、化けていく。体が折れてしまい…

© 2019 Ginzasur.com — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑