Ginzasur.com

駄文と呼ぶにも無駄過ぎる

Category

text

エッセイ

日記

408文字

ジャングルノートという話を昔書いた。 今読み直すととても酷い。公開は止めているけ… Continue Reading →

言い訳

580文字

道を歩いていたらうっすらと懐かしい甘い薬品の匂いがした。子供の頃の記憶がフラッシ… Continue Reading →

アイライク無駄

1006文字

少し長めの小説を書きたいのでぼーっと考えている。 前回の続きで考えて書き出してみ… Continue Reading →

霞の中で

693文字

毎週水曜日にはなにかを書こう。そんな新年の誓いを立ててからあっという間に二週間が… Continue Reading →

眠れぬ夜は

1629文字

眠気はあるくせに、なかなか寝付けず途方に暮れてしまうことがある。丁度昨日がそんな… Continue Reading →

すさんだ年始のご挨拶

724文字

気がつくと2019年が明けてしまっているようだ。うっかりしていたら一週間も過ぎて… Continue Reading →

ジミヘンはわりと派手

1347文字

エッセイというものは好き勝手に散らかして良い、大いに散らかしちまいな。とばあちゃんが言っていたのでそうしようと思う。 カルロスゴーンなんていうボクシング漫画と除夜の鐘が合わさったみたいな名前の人…

年末戦線異常無し

1058文字

儚という漢字は人の夢と書く。などと戯けたことをいう人がいる。 そもそも落とし所をそれっぽく虚しいところに置こうとする姿勢が余程の根暗か一種の理想主義の塊のような気がする。たいして興味のない言葉に…

電子の海

448文字

疲れた獣みたいに舌を出して歩いている。雑踏の中で皆同じように歩いている。こんなに自分は傷ついているんですよと手に心臓を掲げながら。優しい声を聞くことのできなくなった耳を下に向けながら。 「そんな…

27日10月

198文字

メールボックスから昔のビジネスホテルの領収書メールが出てきたんだけどなんとも言え… Continue Reading →

© 2019 Ginzasur.com — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑